和室がある家のメリット・デメリット

最近は何をするにしても欧米のスタイルを取り入れるようになり、以前との生活とは異なるところがいくつもあります。住宅に関しても同じです。フローリングやオープンキッチンなど洋風の住宅が主流となっています。しかし昔ながらの日本の家、和室が劣っているかと言われるとそういうわけではございません。和室には和室のメリットがあります。そこで今回は和室の魅力をデメリットと一緒に紹介していきたいと思います。よろしくお願いします。

・和室のメリット
和室のメリットについて確認していきましょう。

images (2)

1、多目的に使える広いスペース
和室のメリットの一つとしてあげられるのが様々な用途に使用できるという点です。和室は洋室と違い、通常ソファーやテーブルといった重い家具は置きません。そのため使えるスペースが洋室と比べて広くなります。お客様が訪れた時には客間として利用することができますし、お正月など家族、親戚が集まる時には大勢で食事をすることもできます。また布団を敷けば寝室にもなるため、宿泊部屋として利用したり、アイロンや洗濯物を畳むといった家事を行うスペースとしても利用することができます。和室は本当に幅広い用途で使うことができます。

2、性能が高い
和室は畳でできているため、断熱性・保温性に優れており、冬は暖かく夏は涼しいといった具合にいつでも快適に過ごすことができます。また、湿気を吸収してくれるため適度な湿度になるように自然と調整してくれます。さらに畳は音も吸収してくれるため防音対策にもなります。子供の遊び場としても最適ですね。

・和室のデメリット
和室のデメリットとしては手入れが大変であるという点です。畳や障子、ふすまは痛みやすく、またフローリングと比べてダニやカビが発生しやすくなっております。放っておくとアレルギー反応を引き起こすことにもつながるので和室のお手入れはこまめに行いましょう。

images (1)

いかがでしたか?和室は古くから伝わる大切な日本の文化です。しっかりとお手入れをしていれば快適な空間になることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>