新築住宅 バリアフリーのすすめ!高齢者が暮らしやすい家に Part1

皆さんこんにちは!新築住宅を建てようとお考えの皆さんの中には、そう考えるようになった様々なきっかけがありますよね。

今回は、そんな様々な要因の中でも、高齢になってきた両親と暮らすための家を建てたい、あるいは自分自身のこれからに備えた家を建てたいという方必見の「バリアフリー住宅」についてご紹介したいと思います。

□バリアフリーとは?

このバリアフリーという言葉を知っている方は多くいらっしゃると思いますが、再確認しておくと、「バリア」つまり障害の無い状態を指します。

□バリアフリーの基本

具体的な設備の前に、バリアフリーと言えば重要なのが「段差」を無くすことです。つまずきの防止や車椅子での生活を想定したときに必要不可欠な要素ですね。

□どのような設備があるか

  • 玄関前のスロープ:一戸建ての住宅では、家の玄関までに段差がある作りが一般的ですが、この段差にスロープを設置することで、つまずきの防止や万が一車椅子を使用することにも備えることが出来ます。
  • 引き戸:扉に関しても、開き戸より引き戸がお勧めです。こちらも車椅子での移動を想定してのものです。

ここまでご紹介した段差を減らすことや玄関前のスロープに加えて、高齢者の安全を守るための設備はまだまだありますので、次回にご紹介したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>