リフォームの優先順位!優先してリフォームするべき場所3選!

住宅を建ててからしばらくすると、どうしてもリフォームが必要になりますよね。
それでも、家のすべてをリフォームするのには、費用がかかりすぎるので、優先してリフォームする場所を決めるべきです。
そこで今回は、優先してリフォームする場所を3つご紹介したいと思います。

◆外壁

外壁のリフォームには、どのような効果があると思いますか?
外壁は、普段から雨や風から家を守ってくれています。
その外壁の状態が悪いと、家の機能を低下させてしまい、家の寿命を縮めることに繋がることもあります。

そのため、外壁リフォームをしっかりとして、家を守ってもらう必要があります。
外壁リフォームのタイミングのサインとしては、
・塗膜の剥がれ
・外壁のひび割れ
・チョーキング現象
などがあります。
これらの現象が現れていると、危険サインです。

ひび割れ部分や破損部分から雨水が入ってしまい、外壁の中に入っている、断熱材の機能を低下させて、家の中の温度調整が難しくなるかもしれません。
そうならないためには、適切なタイミングでリフォームをする必要があります。

◆水回り

水回りは、日常から高頻度で使う場所ですので、使用していくうちに劣化してしまいます。
水回りの異常を放置していると、衛生面の問題も出てきます。
そのため、水回りの異常を感じたら、できるだけ早めにリフォームをしてください。
家族の健康被害が出る前に対策しましょう。

◆内装

ご自宅の内装を変えることで、家の雰囲気をガラッと変えられます。
内装を変えることで、気分転換できることも多く、飽きてきた内装を変えてみるのも良いでしょう。

しかし、内装よりも外壁や水回りのリフォームの方が直接、生活に影響するので、この3つの中でも、外壁と水回りのリフォームを優先すると良いでしょう。

◆まとめ

ここまで、優先してリフォームするべき場所を3つご紹介しました。
特に、外壁と水回りのリフォームは、異常を放置していくと、後々大掛かりなリフォームが必要になることもあるので、適切なタイミングでリフォームしましょう。

注文住宅のメリットとは?自由度の高さが魅力的!

皆さんは、注文住宅にはどのようなメリットがあると思いますか?
注文住宅には、建売住宅とは異なる様々なメリットがあります。
実際にそのようなメリットを魅力的に感じて、注文住宅を選ぶ方も多くいらっしゃいます。

ただ、そのメリットをご存知ない方もいらっしゃると思いますので、今回は注文住宅のおすすめポイントをご紹介したいと思います。

◆注文住宅のおすすめポイント

注文住宅最大のメリットは、自由度が高いということです。
これは、自分たちで決められることが多いことを意味します。
注文住宅は、購入者の多くの要望に応えてもらえます。

また、様々なことを計画するので、かなり凝ったデザインを実現できます。
さらに、自分たちで考えるため、家に愛着を持てるというメリットもあります。
他にも予算の面で利点があります。
それは、予算をある程度調整できるということです。

注文住宅は、家を建てるための建築資材を自由に選べることが多いので、重視したい部分には費用をかけて、あまりこだわらなくても良い部分には費用をかけずに済みます。

そのため、設計の仕方次第でかかる費用も変わってくるのです。
そして、建築の途中経過を確認できることが多いです。
それによって、しっかりと工事がされているか確認ができ、安心できるでしょう。

このように、注文住宅のメリットはたくさんあります。
ただ、これらのメリットを得るためには、しっかりとした業者を選ぶ必要があります。

その業者選びでは、webページを確認しましょう。
そのwebページの施工事例の中から、皆さんが理想とする家に近いような事例が上がっていましたら、ぜひその業者に依頼してみるのが良いでしょう。

◆まとめ

ここまで、注文住宅のメリットについてご紹介しました。
注文住宅には様々なメリットがあります。
せっかく、家を建てるのであれば、理想の家を実現したいですよね。
その理想の家を実現するのに、注文住宅はうってつけだと思います。
注文住宅を活用して、素敵な家づくりをしてくださいね。

注文住宅の注意点!後悔しないために知っておこう!

住宅を建てる際に、自分たちの理想を叶えたいのであれば、注文住宅の家がおすすめです。
注文住宅は、自由度がとても高いので、様々なところにこだわれます。

しかし、そのような注文住宅にも、気を付けなければならない注意点があります。
そこで今回は、注文住宅を購入する前に知っておくべき注意点についてご紹介したいと思います。

◆住宅に関しての知識!

皆さんは、注文住宅でどのような住宅を建てたいですか?
多くの方が、注文住宅のメリットである、自由度の高さを生かして、自分たちが満足のいく家を建てたいと思います。
しかし、実際に注文住宅で素敵な住宅を建てるためには、住宅に関しての知識が必要です。

もしも、知識がないと、メリットである自由度の高さを十分に発揮できません。
そのため、本で住宅の知識を得る、セミナーに行って住宅について知る、専門家に相談するといったようなことで、住宅に関しての知識を深めましょう。

◆注文住宅の費用!

注文住宅は、使う建築資材を自分たちで決められたりするので、建売住宅よりも少し割高になってしまいます。
しかし、費用の問題から必要な場所の費用を節約してしまうと、住宅の耐久性や寿命にも影響するので、費用とも相談しながらどのような家にするのか決める必要があります。

また、注文住宅には、主に2つの種類があります。
それは、フルオーダー住宅とセミオーダー住宅です。
フルオーダー住宅は、自由度が非常に高いので、皆さんの理想を叶えやすいです。

しかし、その分費用も高くなります。

セミオーダー住宅は、特定の場所だけカスタマイズできます。
フルオーダー住宅よりも費用が安くなるというメリットがあります。
これらの違いをしっかりと理解しておきましょう。

◆まとめ

ここまで、注文住宅を購入する前に知っておくべき注意点についてご紹介しました。
注文住宅は、皆さんがより満足していただきやすい住宅です。
是非、注文住宅を購入して、素敵な住宅を手に入れてください。

注文住宅のポイント!成功させるためにするべきこと!

皆さんは、注文住宅を購入するのであれば、満足のいく家にしたいですよね。
満足のいく家を建てるためには、注文住宅を建てる上でのポイントをしっかりと把握しておくべきです。

そこで今回は、注文住宅を建てる際に注意するべきポイントについてご紹介したいと思います。

◆業者の技術力

注文住宅は、皆さんが家の仕様を決めるなど、様々なことができます。
しかし、実際に家を建てるのは、業者に任せることになります。
そのため、業者の技術力がないと、満足のいく家を建てられないのです。
そこで、どのように業者選びをするべきかをお伝えします。

業者選びをする際には、業者のホームページを見ましょう。
特に、注意してほしいポイントは、業者の施工事例です。
施工事例に、皆さんの理想に近いような事例があることを確認できると、業者が理想通りの家を建てられる能力があるということになります。

また、口コミがある場合には、それも参考にすると良いでしょう。しかし、業者選びの最終決定をする際には、口コミをすべて鵜呑みにすることなく、しっかりと話を聞いてから決めましょう。

◆調和

注文住宅は、自由度が高いのが魅力ですので、その自由度の高さを生かして、特徴的な家を建てる方がいらっしゃいます。
もちろん、そのような特徴的な家にも魅力があります。

しかし、そのような家を建てると、周りの家と比べた際に、違和感を覚えてしまう家になってしまう可能性があります。
周りの家と比べて違和感のある家は、どうしても浮いてしまいやすいです。

そのため、違和感がある家が嫌な方は、家を建てる前に、実際に土地に行って、周りの環境や家の雰囲気などを確認しておくと良いでしょう。

◆まとめ

ここまで、注文住宅を建てる際に注意するべきポイントについてご紹介しました。
注文住宅は、自由度が高いからこそ、業者選びをしっかりとして、満足のいく家を建てるべきです。
また、自由度がとても高いので、特徴的な家にしすぎて、違和感のある家にならないかも確認するべきです。

後悔から学ぼう!注文住宅の間取りで失敗しないコツ3選

「初めての注文住宅づくりで失敗したくない!」
「どのような間取りが自分に最適なのか分からない。」
注文住宅を考えていて、このような不安を抱えている方も多いのではないでしょうか。

今回は、後に後悔することがないよう、注文住宅の間取りづくりのコツを紹介していきます。

 収納のコツ

注文住宅で収納スペースを考える際、まずは十分な広さを確保することが大切です。しかし、それと同じくらい重要視すべき点が、収納内部のつくりと収納場所なのです。

モノを「出す・使う・片づける」のシーンをイメージして間取りを考えるといいでしょう。

コツとしては、よく使うものと1シーズンしか使わないものを区別して収納したり、図面を見ながら生活動線を書きだしてみたりすると、注文住宅で後悔しない収納が作れます。

 部屋の広さのコツ

注文住宅の面積は限られているため、どの部屋を広くするのか事前に決めておく必要があります。どの空間を家族がよく使用し、十分な面積を設けるべきなのか、優先順位をつけると良いでしょう。

例えば、家族の朝の活動時間が同じなのに洗面所が狭いと、混雑してストレスになってしまいますよね。図面に家具の配置を書きだして、どこにどれくらいのスペースが生まれるのか考えてみましょう。

 音の問題のコツ

間取り次第で、生活の中で聞こえてくる音は変わってきます。足音、話し声、テレビの音、外の車など、音の発生源を意識した間取りの配置をおすすめします。

寝室を大通りに面した場所に配置すると、夜うるさくて眠れません。

音の発生源をリストアップすると、解決策が見えてくることでしょう。

以上のコツを踏まえながら、後悔しない注文住宅の間取りづくりをしてください。

リフォームで叶えよう!「ベタ基礎」の安定した家づくり

「リフォームをして基礎の頑丈な家にしたい。」
「建築において、基礎ってどれくらい大事なのかしら。」
リフォームをする際、このように建物の基礎について考える方も多いのではないでしょうか。今回は、基礎の中でも特に「ベタ基礎」の特徴を紹介していきます。

 建物における「基礎」とは

「基礎」とは、家の荷重を地面に伝える部分のことを指します。

重たい家からかかる荷重を均等に地盤に伝えることで、地盤沈下や住宅の損傷を防ぐのです。現代の木造住宅建築では、「布基礎」か「ベタ基礎」が使われるのが一般的でしょう。

 ベタ基礎の特徴

ベタ基礎は、壁部分だけではなく床下全体にコンクリートを打って作る基礎のことです。

地盤と接している部分が広いので、家の重さが分散され、安定性がより高くなります。

建物自体が重かったり、地盤か弱かったりする場合、このベタ基礎の採用が必須といえるでしょう。

また、地震や台風の衝撃を効果的に地盤に逃すことも可能になります。
さらに、防湿フィルムによって地中からの湿気が上がりにくくなり、木材の腐敗やシロアリの被害を防げるのも特徴の一つです。

基礎をリフォームすることで、将来性のある安定した家づくりができることでしょう。家族が安心して過ごせるよう、ベタ基礎へのリフォームを考えてみてはいかかですか。

注文住宅の外壁はタイルがおすすめ?メリットとデメリットを紹介

「注文住宅を考えているが、外壁をどうしようか迷う」
「外壁の種類はたくさんあるため、それぞれの良さを知りたい」
注文住宅を建てる際に、このように考える方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、外壁の中でもタイルに注目して、メリットとデメリットを紹介していきます。

 タイルのメリット

注文住宅の外壁の中でも、メンテナンスが基本的に不要と言われているのがタイルです。タイルは塗り替えが不要なので、メンテナンスコストと手間を軽減できるメリットがあります。

また、地震や台風でタイルが剥がれてしまっても、その箇所のみを修復すればいいのも特徴です。
タイルは塗装で着色しているのではなく、高温で焼成したものです。そのため、月日が経っても色の劣化がないというメリットもあります。

 タイルのデメリット

注文住宅を購入する際に、タイルにかかる初期費用が高くなってしまうのがデメリットです。しかし、メンテナンスコストや修繕費用がほぼ掛からないので、長い目で見るとお得でしょう。

また、タイルは焼き物ですので他の素材に比べて重量があります。そのため、その重さに耐えられる注文住宅づくりを意識しなくてはなりません。

これらのメリットとデメリットを踏まえて、注文住宅の外壁を考えてみてはいかがですか。タイルは高級感を演出してくれるので、素敵な家づくりを可能にすることと思います。

リフォームで取り入れよう!和室と洋室をマッチさせるコツとは

「家をリフォームして和室を作りたい!」
「でも家が洋式なので、和室が合うのか不安。」
このようにお考えの方も多いのではないでしょうか。

いざ洋式の家の一部を和室にリフォームしようとすると、イメージがしづらいことと思います。

そこで今回は、和室と洋室を上手くマッチさせるコツを紹介していきます。

1. 一段小上がりの和室にする

リビングやダイニングの一角に一段上がった和室を作ることで、広々スペースの中でもメリハリをつけられます。お子さんの遊び場にしたり、洗濯物をたたむ作業場にしたりと活用法も多く浮かびますね。

来客時などは障子やふすまを閉めれば、個室としても使用可能です。和室と洋室の近接部分を、統一された色合いにすることで、違和感がより一層なくなることでしょう。

CE25CF63-E2E4-4B88-9AA1-5545718CBE6A

2. ベンチ感覚の和室スペース

窓際に、畳で作られたベンチのような腰掛けスペースを設けることで、洋室の一角に違和感なく和の風情を取り入れられます。畳の範囲が狭いため、洋風の家でも浮くことがなく、リフォームしやすいのではないでしょうか。

3. インテリアで工夫

家の一角を和室にリフォームした後に、部屋のインテリアを和洋ともに合うものに交換します。例えば、照明を洋室にも和室にも合うもので統一したり、家具の色に統一感を出したりといった工夫をしてみましょう。

和洋折衷の素敵な和室リフォームで、家族みんなが心安らぐ空間を手に入れてみてはいかかですか。

注文住宅に和室は必要?和室のメリットとデメリットとは

注文住宅を考える上で、和室を作ろうか作らないか迷っていませんか。日本人として和室への愛着はあります。一方、お手入れが大変そうといったイメージがあるのも事実です。
そこで今回は、注文住宅における和室のメリットとデメリットを紹介します。

kumi

 注文住宅の和室のメリット

和室は、居間や寝室を始めどのような部屋にも変化できる柔軟性があります。

お子さんがいる家族なのであれば、柔らかい畳はケガの恐れがなく安心なのもメリットの一つです。

畳は部屋の湿度を調節する効果がある上、い草の香りでリラックス効果も期待できます。休みの日などは親子揃ってお昼寝するのも気持ちが良いかもしれませんね。

3A160B85-56C1-4043-B802-544EF9B0956B

 注文住宅の和室のデメリット

和室の畳は傷がつきやすく、ダニやカビの温床となる可能性もあります。

また、和室に和紙で仕切りをつけるのであれば、定期的に張り替えをしなければならないのもデメリットです。

特に元気に走り回るお子さんがいる家庭では、お手入れや管理が一層大変になることでしょう。

これらの和室のメリットとデメリットを考慮して、自分のお気に入りの注文住宅づくりをしていってください。

洋式の注文住宅でも、和室が一部屋あることで、和モダンな雰囲気を演出できますよ。

 

 

☆ 祝・上棟 ☆  

M様邸 上棟おめでとうございます (^∇^)    2018.01.09.

jyoutou

朝から晴天に恵まれ作業も順調に進みました!

夕刻には無事に棟が上がりお施主様と大工一同と

工事の安全とY様邸の益々のご隆盛を祈願させていただきました!

最終の竣工まで棟梁をはじめ全施工職人と

力を合わせ万全を尽くす所存でございますので今後とも宜しくお願い申し上げます。

本日は誠におめでとうございました。

また、たくさんのお心遣いに感謝申し上げます。     Zensyu-house