注文住宅に和室は必要?和室のメリットとデメリットとは

注文住宅を考える上で、和室を作ろうか作らないか迷っていませんか。日本人として和室への愛着はあります。一方、お手入れが大変そうといったイメージがあるのも事実です。
そこで今回は、注文住宅における和室のメリットとデメリットを紹介します。

kumi

 注文住宅の和室のメリット

和室は、居間や寝室を始めどのような部屋にも変化できる柔軟性があります。

お子さんがいる家族なのであれば、柔らかい畳はケガの恐れがなく安心なのもメリットの一つです。

畳は部屋の湿度を調節する効果がある上、い草の香りでリラックス効果も期待できます。休みの日などは親子揃ってお昼寝するのも気持ちが良いかもしれませんね。

3A160B85-56C1-4043-B802-544EF9B0956B

 注文住宅の和室のデメリット

和室の畳は傷がつきやすく、ダニやカビの温床となる可能性もあります。

また、和室に和紙で仕切りをつけるのであれば、定期的に張り替えをしなければならないのもデメリットです。

特に元気に走り回るお子さんがいる家庭では、お手入れや管理が一層大変になることでしょう。

これらの和室のメリットとデメリットを考慮して、自分のお気に入りの注文住宅づくりをしていってください。

洋式の注文住宅でも、和室が一部屋あることで、和モダンな雰囲気を演出できますよ。

 

 

☆ 祝・上棟 ☆  

M様邸 上棟おめでとうございます (^∇^)    2018.01.09.

jyoutou

朝から晴天に恵まれ作業も順調に進みました!

夕刻には無事に棟が上がりお施主様と大工一同と

工事の安全とY様邸の益々のご隆盛を祈願させていただきました!

最終の竣工まで棟梁をはじめ全施工職人と

力を合わせ万全を尽くす所存でございますので今後とも宜しくお願い申し上げます。

本日は誠におめでとうございました。

また、たくさんのお心遣いに感謝申し上げます。     Zensyu-house

ここに注目すれば大丈夫!工務店の選び方ポイント!

注文住宅やリフォームを考える際、費用やデザイン、間取りや立地など考えることはたくさんあります。

その中でも工務店選びは一番といってよいほど大切な要素です。

しかし、工務店は数が多い上、何を基準に選べばいいのか分からない人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、工務店を選び方で注目すべき点を紹介していきます。

 工務店の選び方

1. こだわりがあるかどうか

一概に工務店といっても、それぞれに強み・弱みがあります。例えば、「自然素材にこだわっている」や「ライフスタイルを考えたデザインがこだわりだ」などが挙げられます。このような確固とした特徴やこだわりがない工務店は避けましょう。

なぜならお客さんの希望とマッチした家づくりが実現できない可能性があるからです。それぞれの工務店の特徴を理解し、自分に合った選択ができるといいですね。

2. ヒアリングを重視するかどうか
住宅は自分の個性を表すものです。お客様によってそれぞれ異なった要望やこだわりがあることでしょう。

そこでポイントとなってくるのがヒアリングです。工務店が親身にお客様の求めることに耳を傾けてくれるかどうかは、工務店選びにおいてとても大切です。そのヒアリングが工務店とお客様の信頼につながり、安心して家づくりを依頼できるからです。

売却のお打合せ1-300x238

技術面が優れている、業績が多い、費用と予算がマッチしているといった項目は、工務店選びにおいて当たり前の要素です。これらにプラスして「こだわり」と「ヒアリング」に注目することで、自分に合った工務店選びが可能になることでしょう。

ダウンロード

工務店vsハウスメーカー|認識による違いとは

工務店とハウスメーカーの比較は、建築業界における永遠のテーマです。どちらにもメリット・デメリットがありますが、2つの違いを理解している人は少ないのではないでしょうか。

そこで今回は、工務店とハウスメーカーの定義的な違いを紹介していきます。

 工務店

工務店とは、主に戸建住宅を請け負う建設業者で、地域に根付いた営業を行っている場合が多いです。

個人やメーカーから戸建住宅を請け負って、鳶・大工・電気・水道などの職人の手配や管理、工事全体を監督します。

 ハウスメーカー

一方ハウスメーカーにも、正式な定義はありません。大手ハウスメーカー8社とは【積水ハウス・セキスイハイム(積水化学工業)・大和ハウス・パナホーム・ヘーベルハウス(旭化成ホームズ)・ミサワホーム・住友林業・三井ホーム】のことを指します。日本全国で幅広く展開する住宅会社という認識といえるでしょう。

 工務店とハウスメーカーの違い

1つ目の認識的違いは、事業展開の規模です。

上記したように、地域に根付いた営業を行っているのが工務店、全国展開しているのがハウスメーカーなのです。

しかし、最近はこの認識の仕方も曖昧になってきていることを頭に入れておきましょう。

2つ目の認識の違いは、業務体系です。

koumuten

ハウスメーカーはモデルハウスのような規格化された家を売っているのに対し、工務店はお客様の要件に応じた家づくりを行っていきます。

もちろんこれらの違いには例外もあります。法律で定められた定義があるわけではないので、上記したのは認識上の定義づけです。

「家を売る」ハウスメーカーと「家をつくる」工務店というイメージで認識しておきましょう。

注文住宅づくりで考えるべきポイントは、子供部屋にあり!

「子供が安心して生活できる子供部屋が欲しい。」
「子供の成長も考えた部屋を作りたい。」
お子さんがいる家庭にとって子供部屋は、注文住宅を考える上でとても大切な要素でしょう。

そこで今回は、子供も親も安心して過ごせる注文住宅づくりのポイントを紹介していきます。

 子供部屋づくりのポイント

1. 将来仕切れる部屋
小さい子供は、広い空間を走り回ったり、兄弟で遊んだりするのが大好きです。

しかし、成長するにつれて自分の時間やプライベートが大事になってきます。

日々変化する子供に対応できる部屋づくりをすることがポイントでしょう。

new_009687

初めは1つの広い部屋として使い、子供が大きくなったら部屋の真ん中に仕切りを作れるようにします。そのために、窓や照明などを2つずつ用意しておきましょう。

2. 無垢のフローリング
床材に無垢を使用することで、素足で走り回っても、ごろんと昼寝をしても心地よく過ごせます。

また、無垢は通常のフローリングより柔らかいので、小さなお子さんが走り回っていても安心ですね。

調湿効果もあるので、過湿・過乾燥から子供を守ってくれるのもポイントです。

これらのポイントを踏まえることで、現在も将来も満足する子供部屋を手に入れられることと思います。

子供の安全と将来を考えた注文住宅づくりをしていきましょう

6

外壁塗装で気軽に新築気分!生まれ変わるマイホーム

一戸建てを建てたばかりの時というのは、外壁がピカピカでとても気持ちが良いものですが、長く風雨にさらされたりすると段々汚れていったりして、新築の時の輝きというのが損なわれてしまうものです。 しかし、外壁塗装を行うことで、またきれいな状態にできますから、新築気分を味わいながらマイホームで生活を続けることができます。最初にマイホームを手に入れた時の感動が蘇ってくるという人もいるでしょう。

ちなみに、マイホームの外壁塗装をして新築気分を味わう場合には、最初の時とはガラリと変えてみるのも良いものです。 例えば、色を変化させることで、かなり新鮮さが出ることがあるものです。似たような色だときれいにはなっても、新鮮さが欠けることがありますが、色をガラリと変えれば、かなり気分も変わることでしょう。 外壁塗装には塗料にもよりますが、かなりたくさん種類の色があります。

なお、塗装は一度行うとかなり長い間同じ色なので慎重に選ばなければなりません。 では、オススメの色の選び方をお教えします。自分の町の景観を重視しほかの家や町の雰囲気に合わせた色にすると調和します。したい色がある場合はまずはハッキリ何色と決めるのではなく○○系のような感じで決めてください。 そして自分の町を歩いてみて、溶け込めるような色合いを考えていきましょう。場所によっても日の当たり方や雨が多い地域常に晴れているなど、天気や場所のことも考慮して決めていきましょう。 単色ではなく、色を複数使う場合は同系色かトーンが同じで淡い色を選ぶのが無難です。多色で塗装を行うのはかなり高度なので実績のある業者に頼みましょう。

一戸建てといえば、外構や庭の存在も見逃せないもので、こういったスペースを自分好みの形に仕上げるという人もいるでしょう。 住み続けていく中で、空間づくりのコンセプトが変わることもあるでしょうが、その変化に合わせて外壁塗装のデザインを決めて相性を良くするという手もあります。

ダウンロード