注文住宅で快適な暮らし ~夏も冬も暮らしやすい家に~

一戸建てマイホームを購入するにあたって、建売住宅ではなく注文住宅を検討している人は多いのではないでしょうか。注文住宅は建売住宅よりも購入に手間がかかりますが、その分細部に至るまでこだわりを詰め込んだ、自分たちだけのマイホームが建てられるのが大きな魅力です。

とはいえ、注文住宅は壁が微妙とか夏は暑いというイメージがある人も少なくありません。確かに、注文住宅というとデザイン重視というイメージを持たれがちで、実際にデザインにこだわるあまり、住みやすさや風通しなどを犠牲にしてしまっているケースも一部で見られます。

マイホームというのは家族全員が快適に暮らせることが最も重要となるので、いかにデザインが理想通りであっても、機能性が犠牲になっているようでは意味がありません。しかし、最近の注文住宅は、見た目だけでなく家の暮らしにも気を遣っています。建築技術の向上等によって、デザインと機能性の両立が可能となっているので、全てに妥協をせずに理想を実現することができます。

夏も冬も暮らしやすい家を建てる為には、高気密、高断熱にこだわることが何よりも重要です。日本には四季があり、1年を通して気温や湿度が大きく変化するので、外の気温の影響を受けにくい設計をする必要があります。断熱材をはじめとした高品質の建材の使用はもちろん、湿気を上がりにくくする為には基礎工事も重要なポイントとなるので、施工実績が豊富なところに依頼するのがおすすめです。

images

高気密、高断熱の家を建てることには、暮らしやすさだけでなく経済的なメリットもあります。注文住宅というと費用が高いというイメージもありますが、快適性を追求することで光熱費などの削減が期待できるので、長い目で見ればお得となるケースも少なくありません。

注文住宅は、将来のライフスタイルの変化を考えた家づくりができる点も魅力です。こだわりを詰め込んだ注文住宅で暮らしやすい家を建てましょう。

images (1)

注文住宅で快適な暮らし ~高気密・高断熱の秘密~

注文住宅では、住宅の細部までの設計に拘りを持った住宅であるため、快適性にも優れた住環境を提供することが可能です。もっとも快適性に優れた住環境を実現する上では、高気密・高断熱の住宅を建築することが優れています。高気密は家を建築する段階で外の空気が中に入るすき間を減らし、家の内外の空気の交わりを極力、抑制した住宅です。

そして高断熱は真夏日などで照り付けた太陽により、外壁から熱せられた家内部に伝わるのを防ぐ素材を用いた住宅です。また室内の暖房した時の熱を外に逃がさないという特徴も存在します。日本は四季があり気候の変動が大きい国であり、夏は暑く冬は寒いため、暑さと寒さの両面を考慮した住宅にすることは理に適っています。

insulation_img01

もし高気密・高断熱で室内の温度をキープできるなら、暮らす上でも温度による変化の影響を受けず快適性にも優れると同時に、冷暖房などの効率も良くなるのもメリットです。さらには結露に悩まされることも少なく、防カビ対策にも優れるため、建物自体の劣化も進みにくくなるため、メンテナンスをほとんどしなくても長く暮らし続けることも可能となります。

注文住宅の場合であれば、美観の拘りの他に実際に建築する中で、そういった高気密・高断熱に対する注文を行うことが可能です。例えば壁・天井には断熱材を導入することを依頼したり、アルミサッシと複層ガラスで窓も断熱する様にできます。壁・天井に断熱材を導入しただけで室内の温度を一定に保つことができる様になり、アルミサッシと複層ガラスで窓を断熱すると結露対策にも有効です。

cold_easy07

建売の場合には、費用が安い分だけ徹底的な対策がとられていないケースも見られますが、注文住宅では割高であってもそうした素材を活用することを依頼することもできます。日本は四季があり気候の変動が大きい特徴を持っており、そういった冬・夏でも快適に暮らす対策がなされた住宅に住むことは、快適性や建物の長寿命化を図る上でも必要な要素です。

注文住宅でデザインにこだわる ~工務店選び~

工務店は単に丈夫な家をつくるだけの存在ではありません。工務店で優れたデザインの注文住宅を建てることも可能です。工務店それぞれに得意なデザインがあるのを利用し、他にないデザインとすることができます。木の美しさを活かした自然的なデザインや、未来的なデザインなど、自分のこだわりにあった施工事例を多く持つ工務店を探そうと考えることも必要です。

images

デザインとは特殊なことをするのではなく、生活を盛り込んだ機能性を追求していく中で、自然に生まれてくるものです。住宅は家族の多様な生活を包み込むものです。住宅に求められる条件も多く、耐震性、防水性、防火性など、自然や外部からの脅威を排除しなければなりません。

デザインで重要となるのはコンセプトです。住宅は部位ごとに個別にデザインすると、全体の調和が取れなくなります。和風の住宅にするか、洋風を選ぶかにより、細部のデザインは異なります。ガラージハウスなど、趣味を取り込んだ住宅は、より個性的なデザインが必要です。

ダウンロード

工務店では、住宅を設計する場合に施主の話をよく聞くことから始めます。コンセプトは始めからあるわけではなく、施主の要望を具体化するところから生まれます。どんな家にしたいかという要望を持つことは大切です。その要望を具体化するためのシンボルがコンセプトです。

コンセプトにより平面プランが決まり、デザインも決まります。デザインは単独であるのではなく、コンセプトにより変化します。どんな家にしたいのかのイメージがつかめない場合は、どんな住宅が嫌かを考えることも必要です。嫌な住宅を排除していくことで、徐々に求めている住宅が見えてきます。

 

デザインは風土によりつくられる部分があります。日本と外国では住宅のデザインはまったく異なります。交通量の多い都市部の住宅と、田園の中の住宅でもデザインは異なります。デザインは風土や環境、伝統的な文化から大きく影響を受けます。固定観念にとらわれずに、自然に決まっていくデザインが良いデザインと言えます。

注文住宅でデザインにこだわる ~デザインにこだわるメリット~

注文住宅をご検討の方は、デザイン面も含めたこだわりを持っていただきたいです。価値観の多様化により、こだわりを持ったライフスタイルを持った家族は、これからはもっと増えていくような気がします。このような背景を考えると「折角のマイホーム、間取りだけでなくデザインにもこだわろう」と声を大にして言いたくなってしまいます。

もちろん住まいの間取りや機能性などもとても大切だとは思いますが、見た目の仕上がり具合やデザインも同じくらい重要になると考えます。納得のいくデザインの注文住宅を建てるメリットは色々あります。

デザインにこだわると何度も見て満足できることは、基本的なことかもしれませんがほんとうに大切です。たとえば、毎日仕事を終えて家に帰ってくるタイミングであっても、家を見るだけでも心が落ち着くかもしれません。

他人に見せるとき自信がつくこともメリットにあげることができます。友人などを自宅に招待しホームパーティーなども、お気に入りのデザインの家であればより盛り上がることができること間違いなしです。

こだわりのデザインの注文住宅をぐっと身近にするためには、業者さん選びも重要なポイントになります。できれば営業から設計、施工まで責任を持って一貫して担当してくれる業者に依頼するのが無難なのではないでしょうか。

images (1)

充実した将来のためにもデザインにこだわった注文住宅をぜひ検討してみてください。折角のマイホーム、間取りだけでなくデザインにも徹底的にこだわってみましょう。

 

わたしたち、「Zensyu-House」は、デザインにもとことんこだわった群馬の業者です。それぞれのお客さまのライフスタイルを反映させた空間づくりや、一年を通じ快適に過ごすことのできる生活環境、そして長年安心して住み続けることのできる耐久性の良さを兼ね備えた住まいを提供いたします。住まいに関することならどのようなことでもお気軽に相談していただきたいと思っております。

mainImage

注文住宅でデザインにこだわる ~シンプルさを求めるなら~

注文住宅のデザインでは、シンプルさを求めることも必要です。シンプルだけどあたたかみのあるデザインは今人気です。コンパクトだが無機質すぎない外観や、大きな窓から光が差し込むような家に人気が集まっています。そんなデザインをお求めなら、ぜひ弊社にご相談ください。

 

注文住宅のデザインは二つの傾向があります。一つは外観に出っ張りや引っ込みなどで変化をつけ、或は、装飾金物などにより飾りつける方法です。一方、外観をシンプルにし、装飾も最小限に抑える方法です。プランが同じでも、外観のデザインにより、建物の印象は異なります。

Appearance

屋根のデザインを見ても、日本の住宅の屋根はシンプルです。中国や韓国の建物の屋根は、先端が跳ね上がっています。ヨーロッパは直線的な屋根ではなく、曲線を用いた屋根が用いられています。国や地域により、デザインには大きな違いがあることがわかります。

時代によっても建物の外観は異なります。中世のヨーロッパは、建物の外観に過度な装飾がされていました。時代が近代となり、合理性が求められるようになると、建築も装飾を排除したシンプルなデザインがされるようになりました。モダニズムと言われる建築は、装飾を排除して機能を重視したデザインの方法です。

現代の住宅では、デザインは多様化しています。特に日本においては和風以外にも、様々な様式や考え方が取り入れられています。急勾配の屋根とすることで洋風のデザインとすることが可能です。勾配屋根を設けない陸屋根は、デザイン住宅で見られる形です。

mig

注文住宅のデザインをシンプルとする場合でも、部分的に装飾的な要素を取り入れることで、シンプルさを引き立たたせることができます。屋根のない総2階の住宅の場合は窓でアクセントを取り、一部が2階の住宅では屋根でアクセントを取るなどの方法が考えられます。

屋根のデザインは、機能的な面からもシンプルさが求められます。屋根は形を複雑にすると水の流れが滞り、雨漏りの原因となります。デザインは建物の機能とも、大きく関わりがあります。

安全性が高い家にする方法

みなさんにとって自宅とはどういう場所ですか?「一番落ちつく場所」「癒される場所」「帰ってくる場所」など様々だと思います。人によってどのような場所かはそれぞれ違っていても、大切な場所であることには変わりないですよね。そして大切な場所だからこそ自宅の安全性はより高めたいと思いますよね。そこで今回は安全性が高い家にする方法について解説していきたいと思います

・家庭内事故を減らす
皆さん、家庭内事故で亡くなられた方と交通事故で亡くなられた方どちらの方が多いと思いますか?実は交通事故よりも家庭内事故で亡くなられた方が2倍近くも多いのです。死因は転落死や窒息死など様々ですが、特に多いのが溺死です。高齢者の方は特に気をつけて欲しいのですが、自宅で入浴中に不慮の事故が起きてしまい亡くなられる方が非常に多いのです。入浴中に事故が起きやすい要因としてあげられるのが「ヒートショック現象」です。

ヒートショック現象とは体温の急激な変化に伴い、血圧や脈拍も急激に変化する現象のことです。高齢者や高血圧、糖尿病の方になりやすくヒートショック現象が起きると「脳卒中」や「心筋梗塞」が発症してしまい、最悪の場合は命を落としてしまいます。

hs

このヒートショック現象を防ぐにはとにかく体温が急激に変化しなようにする必要があります。そのため、トイレやお風呂場の脱衣所に暖房を設置したり、熱を逃がさないようにする素材に変えるなど気温の差を作らないようにしましよう。またそれだけでなく転落事故を防ぐために階段に手すりをつけたり、段差を低くするようにしたり、お風呂場が滑りやすくなっている場合リフォームするようにしましょう。

いかがでしたか?家庭内事故を減らす以外に安全性を高める方法としては地震や台風などの災害に備えて耐震性や防水性等、家の性能を高めるリフォーム行ったり、空き巣による被害を防ぐために、防犯対策を行うことが挙げられます。より快適に、より安全に過ごすためにも、一度ご自宅の安全性について見直してみてください。

images

和室がある家のメリット・デメリット

最近は何をするにしても欧米のスタイルを取り入れるようになり、以前との生活とは異なるところがいくつもあります。住宅に関しても同じです。フローリングやオープンキッチンなど洋風の住宅が主流となっています。しかし昔ながらの日本の家、和室が劣っているかと言われるとそういうわけではございません。和室には和室のメリットがあります。そこで今回は和室の魅力をデメリットと一緒に紹介していきたいと思います。よろしくお願いします。

・和室のメリット
和室のメリットについて確認していきましょう。

images (2)

1、多目的に使える広いスペース
和室のメリットの一つとしてあげられるのが様々な用途に使用できるという点です。和室は洋室と違い、通常ソファーやテーブルといった重い家具は置きません。そのため使えるスペースが洋室と比べて広くなります。お客様が訪れた時には客間として利用することができますし、お正月など家族、親戚が集まる時には大勢で食事をすることもできます。また布団を敷けば寝室にもなるため、宿泊部屋として利用したり、アイロンや洗濯物を畳むといった家事を行うスペースとしても利用することができます。和室は本当に幅広い用途で使うことができます。

2、性能が高い
和室は畳でできているため、断熱性・保温性に優れており、冬は暖かく夏は涼しいといった具合にいつでも快適に過ごすことができます。また、湿気を吸収してくれるため適度な湿度になるように自然と調整してくれます。さらに畳は音も吸収してくれるため防音対策にもなります。子供の遊び場としても最適ですね。

・和室のデメリット
和室のデメリットとしては手入れが大変であるという点です。畳や障子、ふすまは痛みやすく、またフローリングと比べてダニやカビが発生しやすくなっております。放っておくとアレルギー反応を引き起こすことにもつながるので和室のお手入れはこまめに行いましょう。

images (1)

いかがでしたか?和室は古くから伝わる大切な日本の文化です。しっかりとお手入れをしていれば快適な空間になることでしょう。

郊外に住むメリット・デメリット

前回は都心に住むメリット・デメリットについて解説しました。交通の便が良かっり、人が多いなど都心ならではの特徴がございましたね。今回は郊外に住むメリット・デメリットについて解説していきたいと思います。

・郊外に住むメリット
まずはメリットについてご紹介します

 

1、余裕ができる
郊外に住むことのメリットとして様々な点で余裕が持てることが挙げられます。例えば金銭的な余裕です。都心と郊外を比べた場合圧倒的に郊外の方が物価が安くなっています。東京とそのほかの郊外の県を比べた場合同じ広さの土地にも関わりず値段は倍以上も東京の方が高くなってしまいます。家の性能や広さは同じなら安い方がいいに決まっていますよね。また郊外の方が時間的にも余裕が生まれやすいです。休日や祝日の商業施設や娯楽施設は人で溢れかえっています。それだけ人が多いと並ぶ時間もかかりますし、精神的ストレスもかかります。有名店などはお店に入るのにも何時間もかかりますし駐車場を確保するだけでも一苦労です。郊外はまだ比較的人が少ないので時間的も精神的も余裕が生まれます。

images

・郊外に住むデメリット
続いて郊外に住むデメリットについて見てきましょう。

1、都心に通勤している場合は時間がかかる
先ほどメリットとして時間の余裕ができるという説明をしましたが郊外から都心に通勤、通学されている方はどうしても通勤時間は伸びてしまいます。郊外だと電車の本数も少なくなってきますし、各駅停車しか止まらないといった駅もあります。

2、お店が少ない
郊外の方が人が少ないということはそれだけ商業施設や、娯楽施設も少なくなってしまうということです。結局遊びに行く時は都心に出ている人や家の近くにコンビニや病院がないところは不便に感じかもしれませんね。

images (1)

いかがでしたか?都心には都心ならではの、郊外には郊外ならではの魅力があり、そしてデメリットがございました。自分がどのような生活を送りたいのかをまず明確にし、そこから判断するのが良いと思います。

都心に住むメリット・デメリット

家の購入するときは、家のデザインや間取り、また耐久性など様々な所に気を配りながら物件を選ぶかと思います。しかし、上記以外にも忘れてはいけない要素があります。それは立地です。「駅から近い場所」や「おしゃれな町」など場所や地域によっても魅力は異なりますし、家の価値も変わってきます。そこで今回は都心に住むメリット・デメリットについてご紹介していきます。よろしくお願いします。

・都心に住むメリット
まずは都心に住むメリットについてご紹介していきます。

1、交通の便が良い
都心に住むことのメリットとしてはやはり交通の便が良いことですよね。都心は人が集まりやすいように電車の路線が多かったり、本数も多くなっています。電車だけでなくバスやタクシーも郊外と比べて多いでしょう。交通網が発達していると通勤や通学の際に便利ですし、休日にどこか違う街に遊びに行く時もいきやすくなります。

images

2、お店が多い
都心に近づくにつれて商業施設や娯楽施設、文化施設が多くなります。特に飲食店や大型ショッピングボールなどは郊外に比べると圧倒的に都心部の方が多く有名店や期間限定の特別なイベントなども都心部の方が多くなっています。またコンビニやドラッグストアといった日常生活に欠かせないお店も都心は多いため生活をして行く上で物がないことに困るといったことはほとんどないかもしれません。

ダウンロード

・都心に住むデメリット
続いて都心に住むデメリットについて見ていきましょう

1、物価が高い
都心のデメリットとして真っ先に思い浮かぶのがこの家賃や物価が高いことではないでしょうか。都心部は人気なためどうしても人が集まってきます。人が集まってくるとそれだけそこに多くの商業施設が建てられたり、住みたいと思う人たちが増えるので物価が高くなってしまいます。またそもそも人気の街に住むこと自体が難しいのでなかなか自分の希望の物件を見つけるこができないかもしれません。

2、人が多い
都心部では何をするにしても人が多いのがデメリットです。通勤や通学の時間帯の電車は毎朝人で溢れかえっています。移動するだけでも疲れてしまいそうです。また、都心に住むとそれだけ誘惑も多いので出費が増えてしまいます。

いかがでしたか?次回は郊外に住むメリット・デメリットについて解説していきます。

リフォームっていつ行えば良いの?

リフォームを行うことは家の耐震性や防水性といった家の性能を上げることだけでなく、見た目を綺麗にしたり、イメージを変えることができます。外壁にひびが入っている場合や、最近雨漏りがすごいという家はリフォームを検討するようにしてください。しかし、そのように家のダメージが目に見える場合はわかりやすいですが、そのほかの場合はいつごろリフォームをすれば良いかわかりませんよね。そこで、今回はリフォームを行うタイミングについて解説していきたいと思います。

・家のダメージが目に見える時
冒頭でお話しした通り、一番わかりやすいリフォームのタイミングは、家のダメージが目に見えた時です。「外壁にひびが入った」「屋根の色が落ちてきた」「雨漏りをするようになった」など家にダメージが見られた場合はすぐにリフォームを依頼するようにしましょう。

images

・築年数を基準にする
目には見えなくても知らず知らずのうちに家はダメージを負っています。ただ顕在化しないため、どうやって判断したら良いかわからないですよね。そこで、一つの目安として築年数を基準にすると良いでしょう。全体としては築15〜20年ほどになると一度大規模なメンテナンスを行うようにし、水まわりや内装、外装などは5〜10年のペースで行うと良いでしょう。

・ライフスタイルの変化に応じて
リフォームをする必要が出てくるのは家がダメージを負った時だけではありません。それは子供の成長や、体の衰えを感じた時など、ライフスタイルの変化が必要になった時です。例えば、お年を召して階段や段差が肉体的に辛くなった人の場合は階段に手すりをつけたり、段差をなくすようなリフォームが必要になってきます。車椅子で生活するよになってしまった場合はスロープをつけることも検討した方が良いかもしれませんね。また子供が成長するにつれて子供部屋を用意したり、より快適に過ごすためにキッチンを変えたり、床をフローリングにしたりするといったリフォームも考えられます。

images

より快適に、より安全な生活を送るためにも家のメンテナンスはこまめに行いましょう。