家づくりの着工・工事の時に注意すべきポイント

家づくりは大きく分けて5つの段階に分けられます。
1準備と計画
2土地・間取り・業者を選ぶ
3契約
4着工・工事
5引き渡し・確認
今回は4の着工・工事についてお話させていただきます。

■着工・工事は実はトラブルが起こりやすい?

工事の契約を交えて、前払い金の支払いなどが終わると、工事が始まります。契約や打ち合わせなど様々な事があった後なので「後は業者の人に任せればいいや」と思いがちですが、工事している最中は多くのものと人が出入りします。
その為、どうしてもトラブルが多く発生しがちです。ですので、トラブルを防ぐためにも気をつけていただきたいことが数点あります。

■着工前には挨拶回り

近隣への挨拶回りは今後のご近所付き合いの為に非常に大切です。先に「工事がある」と言われていれば気にならないのですが、何も言われずに工事が急に始まり、騒音などがするとかなりストレスが溜まります。
今後のご近所付き合いをスムーズにする為にも必ず行いましょう。
特に隣接する家の場合は工事責任者と一緒に伺う事をおススメします。

■工程表を確認

工事の工程は1日単位で細かく決められています。例えば「電気工事はこの日」、「内装工事はこの日」といったようにきちんと決められているのです。それを表にしたのが工程表です。
この工程表を見ることでどの日に、何の工事が行われているかを一目で見ることができます。
都合の悪い工事日程を見つけた場合はできるだけ早く言うようにしましょう。

■確認に行こう

「確認に行ったら邪魔になるんじゃないか」と思って工事現場に確認に行かない方が多くいらっしゃいます。しかし、工事業者は同時に何件かの工事を受け持っている場合が多く、材料の発注ミスなどトラブルが起こることもあります。また、図面を見ただけでは想定できなかったことが、工事が実際に進むことで分かる。といったこともあります。

■まとめ

挨拶回り、工程表の確認、実際に現場に見に行く。これが着工・工事に必要なときの3要素です。ぜひ確認するようにしましょう。

7step-6

新築住宅 バリアフリーのすすめ!高齢者が暮らしやすい家に Part2

皆さんこんにちは!

前回、バリアフリーの基本的な考え方と設備の例として「スロープ」や「引き戸」についてご紹介しました。

今回はその続きとして、その他の設備をご紹介したいと思います。

□手すりは必須

こちらも段差を無くすと同様にバリアフリーの基本となりますが、浴室・トイレ・廊下・階段といったポイントには手すりを設置することをお勧めします。

10173003111

手すりを付けるべき場所の見極め方としては、立ち上がったり座ったりする場所や、体重をかける所が必要な場所になります。

□階段の勾配は緩やかに

都会の物件等であれば、土地を広く使うことが難しいため上に階を重ねるのは不可避になります。

そんな中で、バリアフリーの観点から重要になってくるのが階段の勾配です。勾配が急すぎる階段は高齢者にとって上るのが困難になりますので、階段を設置する場合は出来る限り勾配を緩やかにすることを心がけましょう。

□滑りにくい床に

「滑って転んで怪我をする」自分の体が若いうちにはなかなか想像しにくいことかもしれませんが、高齢者にとってはちょっとのつまずきや転倒が重大な怪我に繋がる恐れがあるのです。

ですから、居室やお風呂などの床は出来る限り滑りにくい材質を採用しましょう。

sonaeru_42

いかがでしたか?

前回から2度にわたってご紹介してきた「バリアフリー」、障害が無さ過ぎて逆に体が衰えてしまいそうだという考えからあえてバリアフリーにはしないという方もいらっしゃいますが、個々の考え方次第ですので皆さんの求める家はどうあるべきなのかじっくり考えてみてはいかがでしょうか。

新築住宅 バリアフリーのすすめ!高齢者が暮らしやすい家に Part1

皆さんこんにちは!新築住宅を建てようとお考えの皆さんの中には、そう考えるようになった様々なきっかけがありますよね。

今回は、そんな様々な要因の中でも、高齢になってきた両親と暮らすための家を建てたい、あるいは自分自身のこれからに備えた家を建てたいという方必見の「バリアフリー住宅」についてご紹介したいと思います。

img_02

□バリアフリーとは?

このバリアフリーという言葉を知っている方は多くいらっしゃると思いますが、再確認しておくと、「バリア」つまり障害の無い状態を指します。

□バリアフリーの基本

具体的な設備の前に、バリアフリーと言えば重要なのが「段差」を無くすことです。つまずきの防止や車椅子での生活を想定したときに必要不可欠な要素ですね。

entrance

□どのような設備があるか

  • 玄関前のスロープ:一戸建ての住宅では、家の玄関までに段差がある作りが一般的ですが、この段差にスロープを設置することで、つまずきの防止や万が一車椅子を使用することにも備えることが出来ます。
  • 引き戸:扉に関しても、開き戸より引き戸がお勧めです。こちらも車椅子での移動を想定してのものです。

ここまでご紹介した段差を減らすことや玄関前のスロープに加えて、高齢者の安全を守るための設備はまだまだありますので、次回にご紹介したいと思います。

リフォームにかかる期間の目安とは?―浴室編

皆さんこんにちは!

リフォームの工期について、前回と前々回にはキッチン、トイレそれぞれの小規模なリフォームと大規模なリフォームにかかる期間の目安をお伝えしてきました。

トイレのリフォーム工期が全体的に短くて驚いた方もいらっしゃるかもしれませんね。

その続きとして今回は、「浴室」のリフォームにかかる目安の期間をご紹介します。

images

浴室のリフォームにかかる期間とは?

  • 小規模なリフォーム

ユニットバスの浴槽だけの取り換えや、床、壁、天井、バスタブなど元々ユニットバスだった浴室を新たなユニットバスに取り替える場合は小規模なリフォームと言えます。

これらのリフォームの工期の目安は以下のようになります。

ユニットバスの取り替え:1日

ユニットバス全体→ユニットバス全体の交換:4日

  • 大規模なリフォーム

こちらは、昔の主流であったタイル風呂(壁や浴槽がタイル張りで接続されているもの)全体をユニットバスに取り替えるというリフォームです。

E382B9E382AFE383AAE383BCE383B3E382B7E383A7E38383E38388202015-07-102017.51.27

大規模なリフォームといっても、内容は浴室全体のリフォームであるため一見すると小規模なリフォームと何が違うのかと思われる方もいらっしゃるでしょう。

しかし、土台にコンクリート等が使用されているタイル風呂をユニットバスに交換するには土台からの基礎工事等も必要になるため時間がかかります。

こちらの工期は約4~7日が目安となります。

ご自身が現在使用されている浴室のタイプによってリフォームにかかる期間が大きく異なる可能性がありますのでよく確認しておきましょう。

 

リフォームにかかる期間の目安とは?―トイレ編

皆さんこんにちは!

前回は、キッチンのリフォームにかかる期間についてご紹介しました。

自分が暮らしている家の一部が使用できないというのは不便なものですから、事前にその期間を把握しておきたいですよね。

キッチンに続いて今回は、「トイレ」のリフォームにかかる目安の期間をご紹介したいと思います。

images

トイレのリフォームにかかる期間は?

キッチンと同様、トイレのリフォームにも規模の違いがありますので、その規模ごとにご紹介します。

  • 小規模なリフォーム

便器や便座といったパーツの取り換えであれば、工期は一日で済むことが多く、場合によっては3時間程度で済んでしまうこともあります。

しかし、トイレを丸ごと交換する場合では、以下が目安の期間になります。

和式トイレから洋式トイレへのリフォーム:2~3日

洋式トイレから洋式トイレへのリフォーム:1~2日

トイレ室内の内装交換(壁や床など):1~2日

  • 大規模なリフォーム

次に、配管工事や内装工事を伴う大規模なリフォームの場合、3~5日間ほど時間がかかってしまう場合もあります。

ダウンロード

また、トイレのリフォーム中はトイレが使用できないだけでなく他の水道にも影響が出て水が使えないということもありますので業者にきちんと確認しておきましょう。

リフォームにかかる期間の目安とは?―キッチン編

皆さんこんにちは!リフォームをするかどうかお悩みの際に、費用や業者選びなど、色々な面で頭を悩ませることが多いと思います。

しかし、リフォームを実際に出来るかどうかの決め手となるのは、そこにかかる期間次第だ、という方もいらっしゃいます。

button-skkouki1

そこで今回は、家の各パーツによって異なるそれぞれのリフォーム期間、その中でも「キッチン」についてご紹介したいと思います。

02674000065

あくまでも目安…

これからご紹介するのはあくまでも目安となる期間です。

リフォームの規模や業者、工法によって大幅な違いがあることもご了承のうえ、参考にしていただければ幸いです。

キッチンのリフォームにかかる期間は?

キッチンのリフォーム、と一口に言っても様々な規模の違いがあります。

  • 小規模なリフォーム:目安は1週間

キッチンの位置などは変えず、キッチンそのものを新しいものに変えるリフォームでは、既存のキッチンの解体や撤去に1日、床や給排水の工事に3日、新しいキッチンの取り付けに2日で合計6日、約一週間と考えられます。

  • 大規模なリフォーム:目安は2~3週間

キッチンの取り換えだけでなく、向きや間取りの変更があるリフォームでは、先に紹介した小規模なリフォームにプラス1~2週間かかることが多いです。

このように、キッチンリフォームは小さい規模であっても数日で終わるということは難しいので、キッチンを使えない期間をどう過ごすのかを考える必要がありますね。

新築住宅にお勧め!付けて良かったマイナー設備 その3

皆さんこんにちは!前回までは、付けておけば便利で安全性も高まるという「壁紙裏の鉄板」や「シーリングファン(天井に設置された扇風機)」をご紹介してきました。

今回は、そういった安全性も含んでいた2点とは少し異なりますが、同様に新築物件にお勧めしたい設備の「シャッター式雨戸」をご紹介します。

シャッター式雨戸とは?

img_service_window05

こちらは、従来の手動で開閉をしなければならない雨戸とは異なり、電動スイッチでの開閉が可能な雨戸です。

従来型のものは固くてある程度のパワーが無ければ動かすのが難しいという悩みを抱えているご家庭も多くあります。

特に、ご年配の方の二人暮らしですとこの開閉が非常に困難になっているという例もあります。

そこで便利なのがこのシャッター式雨戸です。

スイッチでの操作のため力も不要で、動き自体もスムーズです。

ただし注意していただきたいのは、お住いの地域によっては台風などが多く発生し、その影響で立て付けが悪くなってしまう恐れがあるということです。

image01-2

手動の場合は力のかけ方などで多少の立て付けの悪さは気にせずに生活されているという場合がありますが、シャッター式は電動のため、立て付けが悪くなることによって操作しても開閉しにくくなるかもしれません。

どの設備にもあるメリットとデメリットを十分に把握したうえで、ライフスタイルに合った設備を取り入れてより快適な暮らしを目指してみてはいかがでしょうか?

新築住宅にお勧め!付けて良かったマイナー設備 その2

皆さんこんにちは!

前回は、新築住宅を建築するにあたって付けておくと機能的で便利ですが、まだ少しマイナーな設備をご紹介しますというお話をしていました。

そんな設備の中でも「壁紙下の鉄板」についてその利便性と安全性をお伝えしましたが、今回は「シーリングファン」についてご紹介したいと思います。

シーリングファンとは?

daiko_DCC060_M1_original

カタカナの名前ですから特殊なものに感じられますが、これは直訳すると「天井の扇風機」です。

その名の通り、天井に扇風機が埋め込まれているものを指します。

この設備を取り入れる利点としては、天井に埋まっているということから人の手では直接触れることが困難であるため、指や髪を挟んでしまうという事故を防ぐことが出来る点や、直接当たると乾燥を招きがちな扇風機の風を上から自然と部屋に循環させることが出来るという点があります。

daiko_DP-38028_I1

一方でデメリットとして掃除や修理のしにくさという点も挙げられますので注意が必要です。

壁紙下の鉄板と同様に、こちらも小さいお子さんのいらっしゃるご家庭にとって便利で安全な設備であると言えますね。

また、家の内装や床をスッキリさせておきたいという方には、床に設置する電化製品が一つ減ることになるためコードなどの見た目も気にする必要が無くてお勧めです。

新築住宅にお勧め!付けて良かったマイナー設備 その1

皆さんこんにちは!新築住宅を建てる際に、お家の内装・外装といったデザインにこだわる方が多くいらっしゃると思います。

しかし、お家を建てる際に重要なのはそういったデザインだけではありません。せっかくなら、「機能性」の面でもこだわりたいですよね!

そこで今回ご紹介したいのは、付けて良かった!と思えるような住宅設備です。

まず初めに、「壁紙下の鉄板」をご紹介したいと思います。

壁紙下の鉄板?どういうこと??と疑問に思われた方も多くいらっしゃると思いますが、この設備はある意味この名前の通りなのです。

q1-w

「鉄板」という呼び方をすると、料理などに使う鉄板が想像されてしまうかもしれませんが、ここではより言葉に忠実に、「鉄の板」という認識をしていただけば、その機能をご理解いただけると思います。

この鉄の板を壁紙の下に設置しておくことで、マグネットを使用して壁にメモやポスター等を貼り付けることが可能なのです。

せっかく建てたお家の壁に穴をあけることもなく、画びょうが床に落ちていて足を怪我するということもありません。

小さいお子さんのいらっしゃるご家庭や、これからその予定のあるご夫婦にとって、利便性だけでなく安全性も高いというのは非常に重要なポイントですね。

このように、まだ少しマイナーではありますが取り入れると便利な設備を次回もご紹介します!

必見!群馬の職人が教える!注文住宅を建設する際の業者の選び方!

「注文住宅で家を建てたいけど、どこの業者に頼めばいいのかわからない」という方も皆さんの中にはいらっしゃいますよね。

今回は、優良業者の見分け方についてご紹介します。

・そもそも、なぜ業者選びが大事になるのか
注文住宅を建設するのですから、こだわりたいところの1つや2つはありますよね。だけど、こだわったうえで予算を安く抑えたいですよね。

実は、業者によって家の間取りや外装、収納等における価格設定が異なっているのです。その差は、設備や住宅機能等、同じものを注文したとしても数百万円の差が生まれます。

・では、どんな業者を探せばいいの?
上記で説明した通り、業者によって価格設定が異なるので、自分の設計プランにあっている業者を探すことが大切です。注文住宅は工務店、設計事務所、ハウスメーカーが取り扱っているので、どこに依頼をするべきなのか正直迷います。

そこで、コスト重視なら工務店に依頼し、デザイン重視なら設計事務所、保証重視ならハウスメーカーといったように自身がどの部分に力を入れたいのか考えてみることが重要です。

設計プランと予算を考えて業者を選びましょう。

article03_img_06

この記事が皆さんの業者選びの参考になれば幸いです。