リフォームで床暖房と断熱材を導入したなら!! エアコンと併用して快適な部屋を作りましょう!!

リフォームをする時に多くの人が気にすることは暖房設備をどうするかです。

エアコンやファンヒーターを使用する方法はリフォームをした後に追加してつけられる設備ですが、床暖房を導入する時にはリフォームの設計段階で計画に取り入れておく必要があります。

床暖房は床に使う製材の下に設備を敷き詰める必要があり、ガス式のものと電気式のものがあり、ガス式のものは立ち上がり時のパワーが大きく電気式よりも早く温まると言われています。

電気式のものは料金の安い深夜帯に蓄熱をしておいて蓄熱体に溜まった熱を放出することで暖かくするタイプのものもあり、電気代を節約しながら床暖房が使えるというメリットがあります。床暖房の良さは足もとが温まることで快適な環境になることと、空気を汚すことがないというところです。

しかし足もとが温かくなるのは良いのですが、部屋が温まるまでには時間がかるという特徴もあるため、寒さが厳しい時にはエアコンと併用すると床暖房がしっかりと温まるまではエアコンで部屋を温めておくという方法がおすすめです。

エアコンはすぐに部屋の温度を上げることができるので、床暖房と併用すると部屋がすぐに温まります。また床暖房を導入するだけでなく断熱リフォームも欠かさずに行うことが大切で、特に逃げる熱の50%は窓からだと言われているために、窓の断熱性を高めておくことが大切です。

窓の断熱性能を高める方法としてはエコガラスへの交換があり、ガラス自体の断熱性能を高めることで、窓から逃げていく熱量を減らすことができます。

特に窓の多い作りになっている部屋は窓から熱が出ていってしまうことが原因で部屋の温度が低くなりがちですが、エコガラスへの交換で、部屋の寒さが改善されるでしょう。

リフォームをする時には、普段は行えないような変化をつけるチャンスがある時です。床暖房を入れるということは床板をはがす必要があるのでリフォームの際に行っておくと良いですし、窓の交換も普段はなかなか行えないのでリフォームをする機会がある時に、同時に交換を済ませておきましょう。

リフォームで床暖房を導入したなら!! カーペットを敷かないようにしてください!!

冬場になると屋内でありながら、冷たい空気にさらされて暖房機を駆動することが多くなります。

年齢も重ねると冷気にさらされることは急性心疾患や脳卒中の危険が高まるので、燃料代を気にしながらも暖房機器使用を余儀なくされている型も多いのでは無いでしょうか。

リフォームの際には、屋内の冷暖房の方法も見直す絶好の機会なので、冬場の寒さが厳しい地方では、床暖房を設置する方も数多くいらっしゃいます。

床から温めてくれるので、暑くなりすぎることもなく快適なことこの上ないですが、ここで注意点があるのです。

フローリングを選ぶ際には、床暖房に適した素材をチョイスする必要があります。部屋の雰囲気作りも考えて、色々な色合いの中なら素材を選んで構わないのですが、出来れば畳やコルクなどが床暖房との相性がいいのでお勧めできます。

床暖房に適した素材をチョイスすることで、より温かさを実感できるはずです。ただ部屋のフローリングにはカーペットを敷く習慣が強いので床暖房設置後に、カーペットを敷く人もいらっしゃるのですが、これは止めて下さい。なぜならせっかくの暖房効果が半減するからです。

ところで床暖房をするにしても、全ての空間を対象にする必要はありません。無駄なく設置して温かさを実感できる仕様を実現する為には、設置範囲の選定は一工夫してみましょう。

床全体に床暖房をくまなく設置する必要は無く、目安としては70%以上に設置すればおおむね満足できる結果を得られるとされています。戸建て住宅の場合は60%、マンションでお暮らしの場合では50%以上が目安になるのです。

たださらに上手に配置すれば、効率的でムダのない床暖房を手に出来ます。そこで床暖房の設置を考える場合には、家具の配置を常に念頭におく必要があります。ソファーやテーブルの設置予定場所はもちろん、床暖房にする必要はありません。

ソファやイスに座ったときに触れる場所や、くつろぐスペースの床面を中心に、生活動線が走る部位などは重点的に設置するのが賢明です。こうすることで暖房効果を発揮させると同時に設置費用やランニングコストを抑制することにも繋がります。

リフォームで光熱費を抑える!! 家の断熱性を高めましょう!!

断熱という言葉をよく聞くと思いますが、これは部屋の温度を一定に保つ機能のことで室外の温度が高かったり低かったりする時に、影響を受けにくくなるというメリットもあります。

家は窓やドアを閉めていても隙間から空気が入ってくるような作りになっていると、家の中で暖房や冷房をつけても空気が出ていってしまい、部屋の温度が快適な温度に保てないだけでなく、冷暖房を無駄に使用することになり光熱費が高くなってしまいます。

こういったことを解決するためには家の断熱性を高めることが必要で、特に玄関や窓といった開口部の断熱性を高めると効果的です。玄関や窓は直接外の空気を入れられるような作りになっているために、隙間ができやすく断熱性を低める原因となりがちです。

リフォームをする時には断熱性能の高い玄関ドアや窓のサッシを使用するようにすると、隙間ができにくくなり断熱性を高められます。他には外壁の内部に使用する断熱材を質の良いものにすることで、外の気温の影響を受けにくくなり、室内の温度が一定に保たれやすくなります。

断熱材は色々な種類のものがありますが、断熱材の違いで家の中の居心地が大きく変わってきて、断熱性能の高い家にすることで、家の何処にいても快適に過ごすことができるようになります。

家の中で気温差があると、それが体の負担になって血圧が上昇したりする危険がありますが、室温の差がなくなると健康への悪い影響もなくなり、急に温度が変化して体に負担をかけることもなくなります。

そしてそれが生活を快適にすることにつながるのです。今は断熱性能の高い商品が多くなってきているので、リフォームをした時に断熱性能をあげることもできて、住みやすさと共に快適度もあげることができます。

断熱性能の良い家は冷暖房をつけて、家の中の温度を適温にした後には、大きなエネルギーを使わなくても同じ室温が保てるようになるので光熱費の節約になります。

隙間がなくなることで空気の入れ替わりが減るだけでなく、外の気温の影響を受けにくくなるので、それも室温を一定に保てるようになる理由です。

リフォームで断熱材を入れるなら!! 経験の多い業者に依頼しましょう!!

住まいにおいて断熱性が確保されていることは、快適な毎日に深く関わってきます。特に日本の美しい四季は時として自然の厳しさを垣間見せるものです。夏場の暑さや凍える厳冬期の影響を少しでも回避するためには、断熱材の働きが欠かせません。

このため住み心地を謳う住宅では高い断熱性能をアピールする向きが増えています。とはいえどんな素材も正しく施工されなければ意味がないことは確かです。
優れた機能を持つ建材であっても、単純に貼り付ければ効果があるというものではありません。

断熱材ならば隙間なく施工して初めて性能を発揮することを知っておくべきでしょう。もしも適当な工事を重ねてしまえば壁内結露が起こることも考えられます。

水分が見えない場所に閉じ込められることになりますから、カビの温床となり内部からの腐敗を招きかねません。しかも深刻な状況に陥るまで表面化しないため気づいた時には壁が崩壊していた事例さえ報告されています。
そもそも断熱材には内側に施工するものと、外側に据え付けていくものが存在し使い分けが重要です。外断熱の方が効果は高いとされていますがスペースを余計にとってしまうという欠点もあります。

また日光や雨風に晒されるため劣化が早まることも考慮するべきでしょう。内断熱なら施工は比較的容易なため、工期も短くて済みます。ただ腕のいい職人が手がけなければ長持ちすることがありません。質の悪い建材を用いることでハウスダストのリスクが高まることもあるでしょう。
要は現状を適切に判断して、熟練の技術で断熱施工を完遂してくれるプロフェッショナルの有無こそが要点になります。外見で判断できるものでもありませんから実績や周囲の評判から判断することが大切です。

過去の施工実例からマイホームと条件の似ているものを探すのもいいでしょう。リフォームを実施することは、建築年数の経った家を若返らせてくれる一種のアンチエイジングに他なりません。

それだけに人間の顔を扱うように大切かつ確実に接してくれる施工店を見つけることが最優先事項となります。

リフォームでエネルギーを作れる家に!! 創エネに目を向けませんか!!

二酸化炭素排出量削減が地球規模での気候変動に歯止めの為に喫緊の課題と認識される中で、自宅にいながらエネルギーを生み出す「創エネ」に注目が集まっています。一番のエネルギー節約は電気などの使用量を削減するに止まらず、エネルギーを作り出すことにあるのは確かです。

日常生活の中で実践できることもありますが、リフォームをきっかけに創エネ仕様のお住まいを実現を目指す方も増加しています。
自宅に発電性能を付与する方策で、普及事例数が最も多いのは、太陽光発電施設を屋根やカーポートに設置する方法です。

太陽光は地域や季節により変動するものの、枯渇することのない太陽光エネルギーを利用し二酸化炭素お排出の問題もクリアされていることから、自然エネルギーを利用した発電の中でも中核的地位に立っています。

太陽光発電の仕組みは、太陽光パネルで太陽光を電気エネルギーに変換し、パワーコンディショナーの働きで家庭で利用可能な電気に変換されます。変換された電気は分電盤を経由して家庭内の電気機器に送られます。

電気を自給できることで電気代を削減できるだけでなく、余剰電気を電気会社に売ることが出来るのが最大のメリットです。太陽光発電に蓄電器を併用すれば、さらに効率的な電気利用が可能になります。

夜間や雨天の日など発電できない場合でも、蓄電池に蓄えておいた電気を利用できるので、一層の電気代削減を可能にするわけです。
しかし太陽光エネルギーを利用するのは、何も太陽光発電だけではありません。

太陽光のエネルギーを熱に変換してお風呂場などでの給湯用に使用する太陽熱温水器もあるのです。第一次オイルショック時の原油価格高騰時に一時期急速に普及が進みましたが、すっかり下火になり最近まで注目を浴びることは長らくありませんでした。

しかし自然エネルギー使用への関心の高まりから、再び注目が集まっています。自然エネルギーの普及の促進の観点から、太陽熱温水器を設置する家庭に補助金を交付する自治体が登場している事実を見ても、注目度の高さが窺えます。

太陽光発電だけでなく、太陽熱温水器もこれかからの創エネ促進の重要な役割を演じることでしょう。