失敗しない!ライフスタイルに合わせた家づくり

家づくりをする時に失敗しないコツといえば、ライフスタイルに合わせて進めていくというものです。

何となく見たことがある住宅設備を入れてみたり、流行りの間取りなどに手を出したりすると、自分たちのライフスタイルには合わなくて、家づくりを終えて生活を始めた時に、不便な思いをすることがありますので注意が必要です。

具体的な考え方としては、家族構成を意識したものがあります。夫婦で暮らしている人、子どもがいる人、親と同居する人、ペットを飼っている人など家族構成は人によって異なり、それぞれ適した生活の形というのがあるものです。

282249

子どもがいる人の場合には、成長した時に1人ずつ個室を与えられるように考えて家づくりを行ったり、高齢の親と同居する場合には、バリアフリーを心がけて家づくりを行ったりするといった具合です。

住む人によって生活のスタイルはさまざまです。ほかの人にとっては住みやすい家が、あなた自身や家族にとっても住みやすい家になるかどうかは分かりません。
ですから家づくりではまず、ご家族の普段の行動パターンを思い起こして、これを間取りに反映させることが重要になります。

s-20160901160745219465

実際に自分や家族がその家で生活をしているところを想像し、効率的な生活動線や家事動線を実現できるような間取りを考えていくことが非常に大切なのです!

そうすれば、部屋やキッチン、トイレなどの配置や、どこにどれだけの収納が必要なのかといったことが自ずと決まってきます。

また、仕事や趣味に合わせて考えていくという方法もあります。例えば、自宅で楽器の演奏をすることが多い人の場合には、音漏れによる近隣トラブルがあるといけませんから、遮音性に配慮した家づくりをしておくと良いでしょう。

遮音性を高めておくと自宅で仕事をすることが多い人は、集中して作業できるという良さもあります。

最後に、将来のことも考えて間取りを設計する、ということも重要です。
多くの方が家を建てるタイミングのことだけを考えて間取りを決めてしまいます。

しかし、それでは当初は暮らしやすくても、将来的にライフスタイルの変化が起こったときに、暮らしにくい家になってしまう可能性があります。

将来的なお子さんの成長やご両親の介護、ご自身の老後のことも含めて間取りを考えることによって、ずっと暮らしやすく快適な我が家にすることができるのです!

人気の家電を紹介します。

 

こんにちは☺︎後藤です。

人気の家電を紹介します。

360°回転させながら、近火でゆっくり均一に、外をこんがり、中を温め、ジューシーに焼き上げます。

DB1BD125-5797-4A0C-A3C5-6324E67162A1

肉を焼き上げるグリル機能に加え、手軽にくんせい玉子やスモークチーズが作れる燻製機能も搭載。

食材に合わせて、高温・低温の2段階で設定できます。広い庫内を活かし、オーブン機能では直径役25㎝のピザがトースター機能ではトーストが一度に4枚焼けるので、普段使いにも便利です。

簡単操作で火加減と時間をコントロールする8つのオートメニューで、よく使うメニューを手軽に楽しめます。

5980B1CE-8AC6-4DE8-8A0D-D857BA7D15C2

*(焼き魚は調理できません)切身・姿焼き・干物等

 

住まいのアフターメンテナンス!注意すべきポイント

新築住宅を購入した時、分譲する会社や建築を行う会社が必ずしもアフターサービス基準を用意しているとは限りません。

大手のハウスメーカーなどのように、年間の住宅供給数が多い企業などの場合、契約時や引き渡し時にアフターサービス基準について書面で交付を受けることが出来る場合もありますが、中小の工務店などでは基準を作成していない会社が多くあるのが現状です。

なお、弊社はしっかりとアフターサービスに関する基準を作成しているのでご安心ください。

step11_c

住まいのアフターメンテナンスは購入後や建築後に生じる事がある、クロスのめくれ、床下での漏水、床鳴りなどの不適合を指摘する事で、無償で修理を行って貰える保証、耐久性の保証なども盛り込まれています。

次の2つのポイントに注意してアフターフォローを確認すると良いでしょう。

1.保証期間

まず一つ目のポイントとしては、保証期間があります。
では、保証期間が長い業者を選べばいいのかというと、そうではありません。
一般的に、新築を建てる際のアフターメンテナンスの保証期間は最大で15年ほどです。

そのため、優良業者の保証期間は、5年から15年ほどに設定されているのがほとんどです。20年以上の長い保証期間を設定している業者は、怪しいと思っておいた方がいいでしょう!

2.保証内容

二つ目のポイントとしては、保証内容があります。
保証内容は、とにかく具体的に明記されているかどうかが重要です。

例えば、何も具体的な内容が提示されずに、「10年保証」などと保証書に書かれている場合は、実際に修理を依頼すると、「保証の範囲に入っていない」ということで修理をしてもらえない可能性もあります。「○○の箇所は5年、△△の箇所は10年」というように、具体的に明記されている業者に依頼しましょう!

ちなみに、引き渡し時に内容の確認をした場合、必要な保証が盛り込まれていないケースもあるので、契約時に閲覧させて貰うのがポイントです。

住まいのアフターサービスの有無は、これから長く暮らす住まいの安心を得る事にも繋がるので、アフターメンテナンスの有無だけでなく、項目や期間をチェックしましょう。

妥協しない!家づくりでこだわるべき3つのポイント

自分が暮らすマイホームを手に入れる時には、一生暮らす家になりますので妥協をしない家づくりをした方がいいでしょう。大切な部分を妥協してしまえば、暮らしづらくなったり後悔のもとになったりしますので、妥協をしてはいけない部分があります。

images

こだわりを持つべきポイントとしては、生活動線や部屋の広さ、間取りなどがあります。

まず、動線に関しては、家事をする主婦にとってはとても大事なポイントで、どれだけ楽に家事が出来るかに違いが出てくるでしょう。

共働き世帯にとっては、出来るだけ家事にかける労力を減らしたいと考えますので、無駄な動きが少ない動線にしておく必要があります。

次に、部屋の広さに関しては、どこまでの広さが必要かを考えてみましょう。広いリビングは開放感があり素敵ですが、あまりにも広すぎると冷暖房がききにくく、光熱費が高くなる原因になります。

部屋を広くする場合、間仕切りが出来る工夫をしておけば、光熱費の節約が出来るでしょう。

冷暖房や断熱材の性能の高さや部屋のかたちも考慮しておく必要があります。吹き抜け構造のお部屋は、とても開放的でお部屋自体も広く見えますが、暖房が効きにくいというデメリットもあります。

暖かい空気は上のほうに溜まりやすいので、いくら暖房をたいてもお部屋が温まりにくいです。寒さが厳しい地域にお住いの方には、吹き抜け構造はあまり適さないでしょう。また、お部屋全体を暖めたいのなら、床暖房がおすすめです。

012518

最後に、間取りも気をつけておかなければ、音に悩む事になりますので、一階と二階の部屋の配置を考えて、家族が出す音で悩まない間取りにしておかなくてはなりません各々のライフスタイルや考え方に合わせて、適切な間取りにすることが大切です。

キッチンのタイプや位置、トイレやお風呂の場所、そして階段の配置など、実際の生活動線、家事動線を考慮して決めていきたいですね。
また、家を建てるタイミングでのことだけでなく、子供の成長や自らの老後のことも考えた間取りを考えると、将来にわたって快適な暮らしを実現できますよ!

人気の家電を紹介します☺︎

 

こんにちは後藤です。

人気の家電を紹介します。

「ヌードルメーカー」ご家庭で簡単に美味しく自動製麺。

29D8A174-8CD4-41D3-9BFB-4FBC4A28338D

うどん、そば、ラーメン、パスタなど多彩な麺が10分で作れます。

720kgの大きな力で麺にコシを作り出す。

手軽に手に入る材料だけで、本格的な生麺が作れます

材料は小麦粉、塩、水だけです。

916264F0-3347-403F-A6E3-823D45FD340F